日本化粧品検定、独学でいきなり1級受験したよ!難易度はどう?受かるの?

日本化粧品検定について

化粧品関係のお仕事をされている方をはじめ、

「これから化粧品関係の仕事に就きたいな~」と思っている学生や主婦の方などに人気の、

「日本化粧品検定」

2013年に始まった新しい検定にもかかわらず、2018年12月には受験者数がのべ360,497名となるなど、とても多くの方がチャレンジしている資格です。

 

 

化粧品業界って、今まで、こういった資格がなかったですよね。

例えば、コスメカウンターでBAさんにタッチアップしてもらうとき、

「この人、キャリアのある方なのかな~?」

「それとも新人さんなのかな~?」

わからないままアドバイスを受けていた。

ということがほとんどだったと思います。

 

でも、「日本化粧品検定1級取得者」「コスメコンシュルジュ」という「肩書き」があることによって、

「このBAさんは、しっかりとした知識のある方なんだな」

と、安心して任せることが出来る、ひとつの指標となったことは間違いないと思います。

 

また、化粧品業界で将来働きたいな、と思っている学生さんなどにとっても、

「私は化粧品が好きで好きでたまらないんですぅ!!」

といくらアピールしても、他の子も同じようなアピールをするかもしれない。

そこで、「日本化粧品検定の合格者」だということを面接でアピールすれば、

「あ、この子は本当に化粧品が好きで、化粧品の勉強もしっかりしてるんだな。」

と、熱意をアピールすることができ、他との差別化を図ることができるんですね。

 

そういった意味でも、「日本化粧品検定」は化粧品業界に大きな旋風を巻き起こした、価値ある試験、だといえます。

 

日本化粧品検定の難易度は?独学でいける?いきなり1級受験は可能なの?

日本化粧品には、「1級」「2級」「3級」とありますが「独学で」「いきなり1級」を受験することは可能なんでしょうか。

まず、日本化粧品検定の公式ホームページには

「はじめから1級に挑戦していただくことも可能です」

とあります。

なので、形式的には、2級をスキップしていきなり1級を受けることもできる、ということです。
(ちなみ、3級はホームページ上からすぐに受けられます)

 

ただ、気になるのは、

いきなり1級を受けて受かるのかどうか??

ということですよね。

結論からいいます。

私は、日本化粧品検定1級に、独学でチャレンジして1発合格したんですが、

(合格体験記はこちらに書いています。)

「やる気さえあれば、独学でいきなり1級を受けて合格するのも可能である」

と断言できる、と思います。

(※ただ、ものすごく簡単で、勉強をさぼっても合格できる、ということでは決してないのでご注意を!)

 

ちなみに私は化粧品業界で働いたことはないし、特別頭がいいわけでもないです。

学生時代、試験前には

「ぜんぜん勉強してない~やばい~!」

と言いながらちゃっかり高得点をとる友人を横目に、

「昨日、徹夜並みにむっちゃ勉強した!」のに「赤点」で追試、なタイプでした。

 

だからほんとに、頭はよくないんですよね。。

ただ、ガッツだけは、人よりもあったかな。

 

日本化粧品検定1級が、独学合格可能な理由

①合格率が高い。合格する人の方が多いんだよ!

 

日本化粧品検定の、合格率を見てみましょう。

第10回の合格率

1級は65.4%、2級は62.8% (※日本化粧品検定協会公式HPより)

他の回も多少前後するものの、だいたいこんな感じの合格率のようです。

半分以上の人が合格しているんですよ!

落ちる人より、受かる人の方が多い試験なんです。

化粧品検定は国家資格ではありませんが、国家資格の中には合格率が「たったの数パーセント」という資格試験も多くあります。

そんななか、合格率が「6割を超えている」化粧品検定1級は、「落とすための試験」ではないんですね。

検定協会側も、多くの人に、「化粧品検定に受かってほしい!」という思いがあるんだと思う。

そういう気持ちが、この合格率には表れているんじゃないかな。と思います。

 

また、「2級よりも、1級の方が合格率が高い」というのも、日本化粧品検定の特徴的なところです。

普通、資格試験って、2級よりも1級のほうが合格率は圧倒的に下がるもんですよ。

えっ?なのに1級の合格率の方が高いの?

みんな、そう思うと思います。

これは、なぜなんでしょうか。

理由は、他の試験と比べて、日本化粧品検定は、

「2級と1級の難易度の差があまりない」

からなんですね。

これも、1級が独学でじゅうぶん対策可能な理由です。

しっかり勉強した人が受からない、そんな冷たい試験ではありません。

 

②日本化粧品検定は対策が立てにくい?いや、逆に立てやすい。

「日本化粧品検定は、対策が立てにくい」

そんなことを言われたりします。

それはなぜか?

勉強する方法が、

①公式テキストと②公式問題集 のみ。だからです。

 

 

多くの検定試験は、「過去問題集」があって、何年分か解くのが合格への近道。
といわれますよね。

でも、化粧品検定には「過去問題集」なるものがありません。

そして、問題持ち帰り不可なので、過去に試験を受験した人にもらうことさえできない。

これが対策が立てにくい、といわれている理由です。

 

でも、これ、ちょっとよく考えてみて!

化粧品検定には、①公式テキストと②公式問題集 しかないんですよ。

逆に言えば、この2つだけを攻略してしまえばよい。ということ。

 

学生時代のテスト、思い出してみて!

例えば日本史とかだったらさ、

「教科書」と「問題集」に加えて、「ぶあっつい資料集(年表とか絵画とかかいてあるやつ)」全部が範囲だったりしたじゃないですか。

それに対して、化粧品検定は、「そんなに分厚くもないテキストと、うすーい問題集」しかない!

試験問題は、テキストに書いてあることしか出ないんです。

化粧品の成分だって、星の数ほどある成分のうち、「テキストに書いてある成分」しか出題されません。

また、数学の試験のように、むずかしい計算式が必要だったりすることもないです。

(あ、ひとつだけ、日焼け止めのSPFの問題だけ、計算式が必要かな。
といっても、簡単な掛け算、九九が頭に入っていればできます!)

 

巷では、「対策の立てにくい」といわれている化粧品検定ですが、私は逆に、

すごく対策の立てやすい試験

だと思いましたね。

 

合格するためのポイントは

① とにかくテキストを何度も読んで、書いてあることをちゃんと理解して、覚える

② 問題集は必ず完璧になるまで何度も繰り返し、正解以外の3つの選択肢についても、「なぜ違うのか」言えるようにしておく。

この2点に尽きる、と思います。

 

※おいおい、私が実践した勉強方法も具体的に載せていきたいと思っています。

この記事を読んでくれたあなたの、お役に立てれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました